fbpx
Loading...
NOBU'S HOME COLLECTION & LIFE-STYLE SHOP

Blog ブログ:感覚をデザイン。

人の司令塔でもある感覚をデザインすること。それはその人にとって心地よく、やすらげる、豊かな空間。

やはり、現物主義。名古屋のメーカーショールームで最終確認。

大抵の商品はスペックとデザインを見れば、おおよそ品質は想像つくのですが、
ソファの場合、それがより難しくなってきます。
クッションの厚さや素材、使い方で随分と差が出てきてしまうので。
ですので、ショールームでは質問攻めです。
今回も底張りをめくり、内部まで見せていただきました。

ウレタンの質、バネの形状・使い方、太さ、木部の素材・木組法など。
見えないモノだらけがソファです。
もちろん表層の革の質など、目に見えるけど、カタログではわからない品質もチェック!

まずは座り、それからスタッフの方に仕様確認、そして再度座り、トータルの判断となります。
スタッフの方の会話のやり取りの中にも、いろんな情報が出てきます。
提携工場の使い分けや、裏ネタ情報も。
それらは現場に行かないとわからない貴重な情報です。

今回も行ってみないと見えないことがたくさんありました。

ブランド名や、表面上の美辞麗句情報に頼る買い方してませんか?
スタッフの方の商品知識、提案力、ありますか?

インテリア空間はご自身を写す、鏡でもあります。
しかも、何年も持つ耐久品です。
その場だけの視点で見ていませんか?
長い視点で、想像して、何が大切かを、ぜひ想像して購入して下さい。

※食器棚も価格、デザインだけで決めないで下さい。
熱に強いか、湯気の対処法は?
心材は?水に強い?
無垢材?突き板?シート?紙?
塗装しているか?してないか?

その家具は毎日使い、何年も連れ添う相棒みたいなものです。
自分にとって一番の、商品をどうか見つけて下さい。
「ちょっと難しい」と思われる方は、ご連絡いただければ、できる限りお手伝いできると思います。

NOBUYUKI DESIGN OFFICE ノブユキデザインオフィス